乳酸菌サプリの効果とおすすめランキング

乳酸菌サプリランキング!

 

乳酸菌サプリが人気の理由

 

乳酸菌が含まれているサプリメントというものがありますが、このサプリメントは乳酸菌を手軽に摂取できると人気です。

 

乳酸菌を食べ物から摂取するのは意外と困難です。食べ物から摂取する場合には、乳酸菌を使った料理を作らなければならず、そのためには時間や手間がかかり、発酵食品の場合には、食事の献立に加えると面倒です。食事の献立によっては乳酸菌が必要な量を摂取できないこともあります。そこでおすすめなのが乳酸菌が含まれているサプリメントです。

 

乳酸菌というのは、多くは胃で死んでしまい、腸まで届かなくては消化吸収がされず意味がないため、腸まで届ける必要があります。サプリメントの場合には、腸まで届くように作ってあるため、胃で死なずに、たくさんの乳酸菌を腸まで届けることができます。

 

そのサプリメントのなかには、乳酸菌の量が発酵食品の100倍以上含まれているサプリメントもあるため、サプリメントタイプの乳酸菌を愛飲している方は大勢いるみたいです。

 

また、サプリメントにはいろいろな種類が存在し、ビタミン類やミネラル類なども含まれているサプリメントもあるため、乳酸菌以外の成分も体に取り込むことができます。

 

また、乳酸菌のサプリメントには、整腸作用のあるもの、便秘に効果があるもの、美肌にしてくれるものなどたくさんの種類があるため、自分が望むタイプのサプリメントを選ぶといいでしょう。

 

ほかにもサプリメントにはパウダータイプや、粒状タイプなどもあり、味が付いているタイプと味が付いていないタイプといろいろあるので、自分の好きなタイプを選ぶことも可能です。

 

飲み方にもポイントがあり、食後に飲むことで吸収率が上がるので、食後に飲むといいでしょう。特に、忙しい朝などには最適なので、一度購入してみてはいかがでしょうか?

 

乳酸菌サプリがもたらす効果!

 

頑固な便秘もスルッと解消

 

乳酸菌は便秘に効果があるとされています。便秘は長期間続くといろいろな部分に悪影響を及ぼすため、甘く考えてはいけません。

 

例えば、お腹が不快に感じたり、ハリを感じたり、痛みを感じることがあります。それ以外にも肌のトラブルを引き起こしたり、頭痛や肩こりの要因になったりします。特に女性は美容を気にすることと思いますので、肌のトラブルを回避するためにも便秘を改善しましょう。

 

便秘の原因ですが、食生活が乱れていたり、運動をしていなかったり、ストレスが溜まることによって自律神経が乱れたりすることによって引き起こされます。また、女性の場合は、便意を我慢することによって便秘を引き起こす方もいるようです。

 

便秘を改善する方法ですが、バランスの良い食事をすることや適度な運動を習慣にすることです。特に食物繊維をたくさん摂り、運動では腹筋運動が効果的とされています。ほかにも、腸の動きを活発にしたり、乳酸菌が含まれている発酵食品を積極的に摂取するといいでしょう。

 

腸内に存在する善玉菌が増加すると腸内の働きが活発になります。対して、悪玉菌の数が少なくなると、体にとって有害な物質が少なくなり、腸内環境が良くなります。また、乳酸菌には、ぜんどう運動という腸の運動を促進させる作用があるため、便秘解消に役立つとされています。

 

特に、ヨーグルトを食べると便秘をしにくい体にしてくれます。そのためには、腸まで乳酸菌が届くようなプロバイオティクスが含まれているヨーグルトや乳酸菌飲料を選ぶといいでしょう。

 

乳酸菌は免疫力や抵抗力を向上させてくれる働きがありますが、便秘にも効果があるため、乳酸菌が含まれている発酵食品を積極的に摂取するようにしましょう。

 

腸内環境を整え下痢も改善

 

乳酸菌は下痢で悩んでいる方にも朗報で、下痢に効果を発揮します。下痢は、消化がきちんとされていなかったり、食中毒だったり、冷たいものを食べ過ぎたりすることや、腸内環境が良くないことが原因で引き起こされます。

 

その下痢になるもとになるのが悪玉菌で、腸内にある悪玉菌が増加することによって腸内環境が正常ではなくなり、腸の機能が落ちてしまい下痢になります。また、下痢は慢性化すると体に必要な栄養を体内に吸収されにくくなり、体から水分がなくなる脱水症状を引き起こす原因にもなります。特に、乳幼児や高齢者は注意が必要で、できるだけ早く下痢を改善する必要があります。

 

腸内環境が正常でないことが原因で下痢になるということは正常に戻してあげることで下痢を改善できます。その方法として乳酸菌を摂取する方法があり、乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌が増加します。

 

乳酸菌は、腸まで届くと、乳酸を生成します。乳酸が生成されると悪玉菌は生きていられなくなり、悪玉菌の数は減っていきます。乳酸が腸内にあることで、腸内は弱酸性の状態になり、弱酸性になることで善玉菌が活発に働くようになります。そのなると、腸の機能が回復するのです。

 

また、下痢になると脱水症状を引き起こすため、水分を摂取することも重要になってきます。脱水症状になると体温が上がったり、けいれんを引き起こしたり、重症化すると脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる事態になりかねません。そのようなことから、下痢になったらすぐに水分を摂取することが大切なのです。

 

では、下痢を改善するためには、乳酸菌が含まれていて、水分も一緒に摂取できる乳酸菌飲料がいいでしょう。乳酸菌飲料は、毎日の習慣にすることで腸内を健康な状態に保つことができます。下痢を予防したい方は乳酸菌をたくさん摂取するようにしましょう。

 

ニキビ・吹き出物の解消に

 

乳酸菌にはいろいろな作用がありますが、ニキビを減らす効果も持っています。肌荒れの1つであるニキビや吹き出物は腸内環境が正常でないことが原因の場合があります。

 

それ以外の原因は、アクネ菌という菌が増えてしまうことやきちんと洗顔をしていなかったり、疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていたり、食生活が乱れていたりとさまざまです。ほかにも便秘も原因として挙げられ、便秘の場合は、長期間続くと悪玉菌が増加することにつながり、毒素を生成します。

 

その毒素によって腸内の状態が悪くなって、体中に毒素が行き渡ってしまいます。その毒素は皮膚にも行き、それがニキビや吹き出物の原因になります。ということは、便秘を解消すれば、毒素が作られなくなるため、皮膚に毒素が行かなくなるのです。よって、ニキビは乳酸菌を摂取することで効果が期待できるのです。

 

また、皮膚は1か月程で新しいものに生まれ変わります。新陳代謝が下がっていると元気な皮膚に生まれ変われません。腸内の環境が良くなく、悪玉菌がたくさんあるような腸だと、その肌のサイクルがおかしくなり、皮膚の生まれ変わりが停滞し、古い皮膚が皮膚に残ってしまうため、肌荒れの原因になります。

 

新陳代謝を上げるためには善玉菌を増加させる必要があり、善玉菌を増加させるためには乳酸菌を摂取するといいのです。ほかにも、ニキビ対策として挙げられるのは、食物繊維を積極的に摂ることや、水を多く飲んだり、運動をしたりすることです。ニキビの改善にはこれらのことをしながら、乳酸菌をたくさん摂取するようにしましょう。

 

乳酸菌の中でも人気の菌がビフィズス菌!

 

乳酸菌の1種にビフィズス菌という菌が存在します。乳酸菌が含まれている発酵食品には、このビフィズス菌がたくさん含まれている食品がいろいろあります。

 

ビフィズス菌についてですが、ビフィズス菌とはビフィドバクテリウム属という種類に属している細菌のことで、『分岐』を意味するラテン語の『ビフィット』が由来です。

 

また、人間を含むあらゆる動物の腸内にある菌でもあります。このビフィズス菌を発見したのはパスツール研究所に勤めていたティシエという人物で、1899年に母乳で育てられた新生児の腸内に存在しているのを発見しました。

 

そのビフィズス菌は糖を分解することによって乳酸を生成し、酢酸も生成します。酢酸は殺菌作用を持っているため、ビフィズス菌が活発に活動していると、有害な菌を殺してくれます。しかし、酸素を嫌うため、酸素がたくさんある場所だとビフィズス菌の数は増えないという面も持ち合わせています。

 

腸内に存在する菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌は健康に良い菌の1種です。ビフィズス菌はその善玉菌の1種で、悪玉菌や病原菌の働きを鈍くする作用があります。腸内の環境が良くなると、病気に強い体になることは分かっているので、ビフィズス菌をたくさん摂取することで、健康を保つことができます。

 

そのビフィズス菌を腸内で増やすにはヨーグルトが最適です。しかも、菌を増殖させるラクチュロースやガラクトシルラクトースという成分が含まれているヨーグルトを選ぶといいでしょう。ビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、健康な体を維持するようにしましょう。

 

乳酸菌は大人はもちろん子どもにもおすすめ!

 

子どもにぜひ摂取させてほしいのが乳酸菌です。小さい子どもは大人と比べると抵抗力がないため、少しのことで体調を崩し、病気になることがあります。健康をきちんと管理しないとすぐに病気になってしまいます。

 

最近、アトピーになっている子どもが多くなっているのをご存じでしょうか?アトピーはアレルギーの一種で、ハウスダストやダニなどのアレルギーの原因物質によって引き起こされ、湿疹やかゆみなどの症状が出て、治るまでにはかなりの時間を要します。そのアトピーになる子供が増えた理由の1つに、腸内環境が悪いからということが言われています。

 

健康に悪い生活をしなければ腸の機能は簡単には衰えません。また、乳酸菌が腸内にたくさんいると腸内環境も良い状態なので免疫力もそれに伴い向上しますが、最近の子どもはカロリーが高い食べ物を食べることが多く、外食をすることも多いため、腸の状態が良くない傾向にあります。

 

また、脂肪分やたんぱく質を過剰に摂取している子どもが増えています。それ以外にも運動をしない点や、塾などのために十分な睡眠がとれていない点も腸内環境が悪くなる原因です。そこで提案したいのが、乳酸菌を食事に加えて、運動を心がけるようにすることです。

 

食事については、特に食物繊維を豊富に含む食品と発酵食品を一緒に摂取するといいでしょう。特に、子どもが好きな乳酸菌入りの食事をするようにするとお子さんも嫌がらずに食べてくれることでしょう。また、乳酸菌は生きて腸に届かないと意味がないため、腸まで生きて届く乳酸菌配合の食品を選んでください。

 

運動については、体を動かす習慣を身につけ、早寝早起きをするように言いましょう、乳酸菌を効果的に摂取させて、お子さんの健康をサポートしてあげましょう。